色色

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

愛及屋烏

「当たり前のことはわきまえて 
あなたの口ぶりや素振りだけ見てると
 ここがむかむかするの 
それになぜだか寂しくなるの」

「君の意見を押し付けないで 
そもそも僕は君の前では
 特に気を付けてたはずなんだ 
適当な意見はよしてくれ」

「それはそうとして あなた今日も
あたしがあげたあのピアスがさ
 あなたの耳に見当たらないね 
それはどうやって誤魔化すの?」

「君の感性で喋らないで 
そもそも僕は青が好きでしょう
 それを僕は理解して欲しい 
僕を知ってからまたお願い」

「あぁ あなたとの関係は
拙い相違の範疇よ」
「なんの理由にもなり得ないさ 
そんなんだから君はいつも」
「もううんざりよ 辞めにしましょう
愛及屋烏はあたしだけ」
「この話は別の機会にさ 
二人の温度で図ろっか」

「はぁ」

「明け方の事を思い出して 
 あなたは眠い目を押さえてさ
 確かにあたしの頬を撫でて 
 言葉巧みに眠りについた」

「それのどこが君を苦しめて 
 ここまで君を赤く染めたか
 それが僕は理解できないし 
 正直大して気にしてない」

「なんてこと あなたったら 
まるで明け方とは別人ね」
「心外だ それならば
跪いて泣きわめいてあげようか」

「あぁ あなたとの関係は
むず痒い想いの結晶よ」
「夢を見たなら後始末をさ 
忘れずに済ませて吐き出して」
「もうその口は消えて頂戴 
愛多憎生の欠片もない」
「この話は別の機会にさ 
互いの気分でまたいつか」


「もうどうしてわからないの」 
「誰も悪くはないから」
「もうどうしてあたしなの」  
「他に誰がいるのさ」
「あなたはいつでもそうやって」
「ここには嘘などひとつも含んでないから」


「あぁ あなたとの関係は
皮肉に任せたフィクションよ」
「それについて詳しく話して 
僕はまだ君を知らな過ぎる」
「あぁ あなたとの存在は
合縁奇縁の以下ではない」
「君と深く話がしたいな 
今ではないと意味がないや」

「「はぁ」」
  1. 2015/05/04(月) 19:50:38|
  2. 歌詞
  3. | トラックバック:0

ポートレート


噂はついに醜く歪んで 元の形 留めず 散らばるの 
カーテンが飲んだ煙と青さを 見せびらかす事が情けない

もうどうしよう こんなの誰にも見せられないや
おしまい見据えて ほら 
呆けた素振りが気に入らないら 
それはきっと気にし過ぎでしょう

そんな心は捨て去って

置き去りのポートレートだって 今頃はきっと泣いてるわ
滲んだ水彩 飲干して頂戴
強がりの今日に彷徨って 惰性に塗れてゆらゆらと
足取りは決して軽やかではないけれど

常識はついに容易く汚され 今を濁る笑顔で誤魔化した
論点がずれた 意味のない会話をすることなど なんてくだらない

もうどうして こんなにつまらない事しかないの
自分のせいなのかな
望んだ末路が気に入らないなら 
それはきっと仕方ないでしょ

過去の自分は消えないさ

食べかけのチョコレートなんて 今頃あったって知らないわ
並べた悪戯 月並みの描写
意地悪な声に擦り寄って 自分を繕って何になるの
惨めな自分はとても見れたものじゃないや

言葉なぞって そしたら形はおしまいなんだろう
「酷い表情だ」って見えないの 

今 こうやって 今 こうやって 異見を隠して
もうポートレートの君はいないけど
ほら こうやって また こうやって 自分を騙せたら
それはきっと思い上がりでしょう 

そんな自分はいらないや

置き去りのポートレートだって 今頃はきっと泣いてるわ 
滲んだ水彩 飲干して頂戴
強がりの今日に彷徨って 惰性に塗れてゆらゆらと
足取りは決して軽やかではないけれど それでもあたしはあたしなの
  1. 2015/04/17(金) 20:01:41|
  2. 歌詞
  3. | トラックバック:0

秋は暮れて疎ら

どうしようもないから走り回って
こんなしょうもない日を歌う
どうしようもないことは降り払って
全部忘れたらいいのさ

皮肉で潤う海に飛び込んで
苦しいのまっぴらでしょ
どうしようもないことは降り払って
全部溶かしたらいいのかい

ああ、もういつの間にやら影も焦げ
ああ、もうしょうがないね
だから今日は

寂しいけどね 寂しいけどね
日が落ちても笑い合えばいい
楽しいけどね 楽しいけどね
夜に飲まれなにも見えずに
惜しまれても沈むだけなら可哀想よ

罵声が飛び交う日々に飛び込んで
傷つくのまっぴらでしょ
気にしたところでさ 意味はないや
そんな毎日でいいのかい

なんてくだらない日々送って
ああ、もう仕方ないね
そんな今日で

嬉しいけどね嬉しいけどね
耳赤らめ今日はさよなら
悲しいけどね悲しいけどね
背にもたれて顔を伏せてさ
あたし達のやましい思いどこへやら


2人だけで逃げようか
誰も邪魔はしない しない
2人だけの内緒にしよう
茶化されるのは嫌だ ああ嫌だ


寂しいけどね 寂しいけどね
日が落ちても笑い合えばいい
楽しいけどね 楽しいけどね
夜に飲まれなにも見えずに
惜しまれても沈むだけなら可哀想よ
 
嬉しいけどね嬉しいけどね
耳赤らめ今日はさよなら
悲しいけどね悲しいけどね
背にもたれて顔を伏せてさ
あたし達のやましい思いどこへやら
  1. 2015/03/07(土) 21:15:33|
  2. 歌詞
  3. | トラックバック:0

アルコーブ


生意気な目つきでさ 奇想 妄想 あっそ これだけ?
押し付けた愛しすら煙たくって見えないな

不謹慎な冗談を 楽しそうに語るのね
未必の故意 心を 今 ほら 味わって

余計な想いが雨のように 垂れてく夜
儚いまま目を閉じたら 夢現 

まぁいっかって
知らんぷりして はい さよならっていう繰り返し
もういいやって
投げやりなまま 膝を抱き 片隅に 少しだけ 


偉そうな態度でさ またそうやって見下すの?
そのせいで今日もまた枕を濡らして

あぁ そうやって
駄々をこねたら はい おしまい ってもう痛み分け
じゃあ どうやって
想いの色を伝えたら いいのでしょうか


わからないよ こんなに全部全部 吐き出して
これからの事も不安で仕方ない
群青の 群青の色ひとつ くれないか 恋しくて堪らない
愛憎の 愛憎の意味ひとつ くれないか 恋しくて仕方ないのよ

そう言ったって
振り向きもせず何処行くの? 少し寒いわ じゃぁお別れね
まぁいっかって
投げやりなまま 膝を抱き 片隅に 今だけは   

もうなんだって
いつもいつでも はい そうでしょ ってもう絶え絶えよ
もういいやって
馬鹿馬鹿しくて はいさよなら また明日 会いましょう
  1. 2014/12/28(日) 20:23:24|
  2. 歌詞
  3. | トラックバック:0

モーダル

ある日のこと 帰りのバスで 君は僕の肩を叩いた
僕はとても 苦い顔をして あぁ なんていうか失礼だったろうな

日が落ちてく 帰りのホームで 僕は君の肩を叩いた
淡々とした よく見る配列 あぁ 事由などさらさらない

やっぱりそうだ 月日が経ったら皆々変わらぬものになる
ひょっとして僕も知らずの間にそちらがわ

裏に返さずに素直に笑えばいいじゃないか 邪魔な嫌疑
なんでもかんでも深読みするのが嫌んなって もう嫌んなって
こんな思い焦がれ誰にも言えやしないじゃないか 損な根気
あらあらら もう暗いや 本音を濁らす三番線

気が触れてく 活字の迷路で 声を上げて喚いていたのに 
灯は常々 揺らめくばかりで そんな気分だってことだろう

君はいまだわかってないさ 僕らは似ているっていうのに
灯は度々 うつっていくから 悶々とする理由もない

まったくそうだ 廃車は宙吊り 皆々ぽんやり口開き
そういや僕を促した君はどちら様

表面なんてここではどうでもいいじゃないか 浅い論理
あれでもこれでも言われなくたってわかってんの もうわかってんの
絶えず塞ぎ 未だ なにも生まれてないじゃないか 声を吐いて
くるくるり もう遅いや 日に日に育った境界線

なにかを宛がったところで なんにもまとまりゃしないさ
なにかに閃いたところで 全ては後天性のもの

裏に返さずに素直に笑えばいいじゃないか 邪魔な嫌疑
なんでもかんでも深読みするのが嫌んなって もう嫌んなって
こんな思い吐き出しても意味などないじゃないか 脆い心理
あらあらら もうずるいや いつまで経っても平行線で

君が笑うなら僕は泣いたっていいじゃないか 理屈ばっか
今でも後でも変わりはしないぜ わかってんの もう ほっといてよね
こんな思い焦がれ誰にも言えやしないじゃないか 損な根気
あらあらら もう暗いや 本音を濁らす三番線
  1. 2014/06/08(日) 20:32:48|
  2. 歌詞
  3. | トラックバック:0
前のページ 次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。