色色

雨の勧め

肥えていく灯り 独り 暮れた空に溶けてみたいの
散々な気持ちだけが気付いた頃、ただあるばかり

冷えていく温度 酷く濡れた靴を履いてみたいの
爛れてく心ならばすぐに楽になりたいでしょう

ねぇ この傘にはまだ1人だけは入れるから

滲む言葉を刺して すぐに引きずり込んで
眩暈がすれば ほら幸せな日ね


みずぼらしい黒い服が はだけるところ見てみたいの
辻褄を合わせたなら 誰に邪魔もされないでしょう

ねぇ 行き場がないなら 今はここで踊りましょう

直に夜が来るから ぽつり 気が滅入るわ
脆い心を今、語ってみせて


ここに座り込んで気が済むまで喚けばいい
きっと知らず知らずのうち全部忘れるから


滲む言葉を刺して すぐに引きずり込んで
眩暈がすれば ほら幸せでしょ?

辛い思いをしても すぐに歪みはじめる
あぁ、少し脆すぎるから目を背けましょう


  1. 2013/10/10(木) 20:00:00|
  2. 歌詞
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<キササゲ | ホーム | マチカドアムル>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://balloon0120.blog.fc2.com/tb.php/22-8c1c8ded
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)