色色

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

朝を呑む


優しい朝を覚えていますか 階段 二人 夜を越えて
拙い心を寄せ合っていた 昨日のこと 明日のこと

ねえ どうやったって この街が変わっていくのは仕方がないから 言葉で埋めた
ねえ 色を失う日々の中で 座り込んだまま取り残されるのは僕等だけ 

こんな痛みは取るに足らない程 愛している
こんな小さな身体で溺れない様にもがいていた


日が落ちて もう外は静かに きっと今日も眠るのだろう
冷たい床に頬を預けて やけに声が小さくなる

ねえ 今日だって昨日と同じ ぼやけてく感触に身を任せて目を瞑る

どんな形がやがて音もなく崩れても
どんな言葉もあなたを消せやしないから 

明日の雨は酷く強いとか 昨日の夢は少し変だとか
そんな事どうだっていいのに
そちらの暮らしに花を添えたいけど 今の僕じゃ何もできないから
ごめんね 勝手だろうけど 少しだけ さよなら


こんな痛みは取るに足らない程 愛していた
こんな小さな身体で溺れない様に

どんな朝でもどんな夜でも 静けさが這い寄ってきて虚しくなるんだよ
僕はあなたと ずっと 

優しい朝を覚えていますか 階段 二人 夜を越えて
拙い心を寄せ合っていた 昨日のこと 明日のこと
スポンサーサイト
  1. 2016/03/18(金) 20:09:18|
  2. 歌詞
  3. | トラックバック:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。