色色

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

モーダル

ある日のこと 帰りのバスで 君は僕の肩を叩いた
僕はとても 苦い顔をして あぁ なんていうか失礼だったろうな

日が落ちてく 帰りのホームで 僕は君の肩を叩いた
淡々とした よく見る配列 あぁ 事由などさらさらない

やっぱりそうだ 月日が経ったら皆々変わらぬものになる
ひょっとして僕も知らずの間にそちらがわ

裏に返さずに素直に笑えばいいじゃないか 邪魔な嫌疑
なんでもかんでも深読みするのが嫌んなって もう嫌んなって
こんな思い焦がれ誰にも言えやしないじゃないか 損な根気
あらあらら もう暗いや 本音を濁らす三番線

気が触れてく 活字の迷路で 声を上げて喚いていたのに 
灯は常々 揺らめくばかりで そんな気分だってことだろう

君はいまだわかってないさ 僕らは似ているっていうのに
灯は度々 うつっていくから 悶々とする理由もない

まったくそうだ 廃車は宙吊り 皆々ぽんやり口開き
そういや僕を促した君はどちら様

表面なんてここではどうでもいいじゃないか 浅い論理
あれでもこれでも言われなくたってわかってんの もうわかってんの
絶えず塞ぎ 未だ なにも生まれてないじゃないか 声を吐いて
くるくるり もう遅いや 日に日に育った境界線

なにかを宛がったところで なんにもまとまりゃしないさ
なにかに閃いたところで 全ては後天性のもの

裏に返さずに素直に笑えばいいじゃないか 邪魔な嫌疑
なんでもかんでも深読みするのが嫌んなって もう嫌んなって
こんな思い吐き出しても意味などないじゃないか 脆い心理
あらあらら もうずるいや いつまで経っても平行線で

君が笑うなら僕は泣いたっていいじゃないか 理屈ばっか
今でも後でも変わりはしないぜ わかってんの もう ほっといてよね
こんな思い焦がれ誰にも言えやしないじゃないか 損な根気
あらあらら もう暗いや 本音を濁らす三番線
スポンサーサイト
  1. 2014/06/08(日) 20:32:48|
  2. 歌詞
  3. | トラックバック:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。